ヤフージャパンプレミアム広告賞受賞

自社書籍

新卒採用情報

長期インターンシップ募集

採用情報

Bigmac 社長ブログ

スタッフ厳選!!おすすめ情報

ITAL株式会社

twitter
@Bigmac_work
google+
rss
rss
a
follow us in feedly
hatena.bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加

Bigmac代表の熱血奮闘記

BIGMAC CHANNEL

2016年7月19日

個の力はチーム力には及ばない

Number of power does not extend to the team force

日常から学べることは多い

昨日は、地元の高校野球の地方予選を観戦に行きました。
春の選抜に出場している高校とノーシード高校との
二回戦でした。

誰もが春の選抜高校が勝つと思っていたと思いますが、
結果は違いました。初戦敗退です。

高校野球はいつも何が起こるかわからないし、
そこには人間味溢れるドラマが必ずあるから、
私はスポーツの中で最も好きなのです。

昨日の試合も自分が想像していた以上の
展開がたくさんあり感動しました。

野球という勝負には、勝ちと負けが必ずある。

精神的に、技術的に、経験的になど多くの
要因が勝敗には関わってきますが、
どれにおいても勝ったほうが勝ちなのです。

個の力が強いとまわりは成長できない

個の素晴らしい能力をもっている選手が数名いたのが
春の選抜出場校、目立った選手はいないがチームの
団結力が固いノーシード校。

力で及ばないとわかっているからこそ、チーム全体で
相手を倒すことに集中して攻撃も守備も見ていて
気迫が伝わりました。
また選抜校は、決して油断していたわけではないと
思いますがどうしても際立った選手が何とかして
くれると思っていた感じが随所に見られました。
その隙がチームワークで勝る高校に負けた敗因では
ないかと私は感じました。

この試合を見て感じた事

・個の力ではチーム力に勝てない
・チームの目的が一つになったらとてもつよい
・個の力に頼らない教育が必要
・チームの団結力に勝るものはない
・チームの団結力を強くさせる方法は?

など【個】と【チーム】について考えました。
これは会社経営も全く同じだと思います。
出来るデザイナー、出来るマーケター、出来る営業
に頼ってばかりいては他が育たない。
それは会社全体にとっていいこではないということ。
やはり何かに依存することで良くなることは
ないのだと確信しました。

チーム力を上げるため

チームの結束を高めていくために必要なことも
同時に考えていました。

・ビジョンを伝え続けること
・KPIを明確に設定すること
・責任と権限の譲渡
・未来を描くこと

特に大事なのは上記の項目だと思いました。
自分が今、誰のために何をやっているのか?
など誰かのためになっているのか?
一つ一つの業務が何に寄与しているのかを
明確にする必要があるのだと思います。

目的意識をもって何かに取り組む人、
ただ何も考えずに業務に取り組む人では
同じ時間を費やしても得られるものが
大きく違います。

うちも20名をこえる会社に成長しました。
ここまでが個の力でやってこれる限界地点です。
ここからはうちのスタッフを信じて社内体制を
強化していこうと心に誓いました。

大きな気づきをもらえたことに感謝します。

 

 

BIGMAC CHANNEL

2016年7月19日

心の変化を感じていれば自分のステージが見える

Their stage is visible if you feel the change of heart

 

成長ステージを明確に意識すること

自分が今どんな段階でどんな状況なのかを
知ることは重要なことです。
仕事をしていれば必ず第三者と関わることになり、
相手の特徴や特性を理解しようとするものです。
しかし、実は相手のことより自分のことを知ることが
最も難しいと私は思うようになりました。

ちゃんと全体が見えているようで見えていなかったり、
出来ていると思っていたことが出来ていなかったり、
自分が自分を理解していない故に見逃していることは
実はたくさんあります。

どうやったら自分のことがわかるようになるか?

・他者の意見を聞く
・本などで知識を身につける
・内観する
・セミナーに参加する

上記をやってみるのもいいでしょう。
まずは、自分に向き合うことです。
自分のことは自分が一番知っていると
思うかもしれませんが違うのです。
社会の中で色んな物事に関わる上で自分を
見失い他者に合わせているのを自分と
勘違いしている場合も多々あります。

やれること、やりたいことは違う

いい人でありたい、いい会社にしたいと考えて
従業員にとって自分は「いい事だ」と思っていても
それは自己満足の場合が多いのです。
やれることばかりに目を向けていると、
本当に自分が目的としている「やりたいこと」が
ブレるようになっていく。

全ての意見を吸い上げて対応していては、
組織は強くなれないのです。
特にトップである経営者は「進む道」を明確に
示すことのほうがよっぽど大切です。

経営者が全ての管理やフォローまでしていたら
その会社や組織は確実に弱くなります。
それは、やれることに徹してしまうから。

人は失敗からしか学べない

失敗

私は、本や先輩経営者に恵まれているから、わざわざ失敗を
しなくても近道できると思っていました。
しかし、それは完全に違いました。
本や助言は物事が起こったときにどんな対処をすればいいかを
教えてくれているだけで、実際に避けられない物事は必ず
起こるということがわかりました。

しかし、辛いことがあった時にこそ、
黙って愚痴を言わずただやるべきことをやるしかないのです。
泣いてなんていられません。

辛い物事から逃げずに立ち向かう時にこと、
人の命の根っこは更に成長して伸びるんだと思います。

いいことばかりだったら、その人はダメになります。
辛い経験があってそれを乗り越えてこと次のステージが
用意されるのですね。

ちょうど連休を頂いていたので頭の整理ができました。
また前を向かせてくれた友人、家族に感謝します。

 

 

BIGMAC CHANNEL

2016年7月5日

何故、全てにおいて保険や保証を求める?

Why, ask the insurance or guarantee at all

 

世の中、絶対なんてそうないんです。

昨日、うちの営業マンから、問い合わせがあった方から
言われたことについて相談を受けました。
その内容は私には到底理解できないものですが、
なぜそんな心理になるのか考えてみました。

みなさんもご存じだと思いますが、
世の中に、100%の物事なんて存在しない。
極めて100%になるように努力はしますが保険ではない。
そんなことは当たり前ですし、自分が人にできないのに
人にそれを求めてはいけないですよね。

こんなことを聞かれたようです。

リスティング広告30万使ったら売上いくら保障できる?
インスタグラムでどれだけ来店が増える?
Facebookでどれだけ買ってくれる?いくら確保できる?

逆にそれを保証できるのでしょうか、本人は。
宝くじだって100%当たるのであれば誰だって買います。
当たったり当たらなかったりするから楽しみがあるし、
嬉しい想いをする人もいれば悲しい想いをする人もいるんです。

これも当たり前。

なぜ、そんな単純なことが理解できないのでしょうか。

全ては人任せだから腹をくくれない

私なりの価値観ですが、上記のような人は経営者には
むいていないと思います。
その理由は、全て自分で責任をとるつもりがないから。
発言の節々に人に責任を投げて自分を正当化しようとする
ところが見受けられます。

広告は投資なので費用対効果を求めることは
私自身も十分に理解しています。
しかし、投資と保障という言葉は相反するものです。
そのそれぞれの言葉の意味すら理解していない
ことに私はガッカリします。

そんな人に責任をかぶせる人に、
大きなチャンスなんて絶対にやってこない。
私はそう思います。

うまくいっても、
うまくいかなくっても全て自分のせいです。
そう考えることができないと成功はありません。
また失敗からも何も学ぶことはできません。
だって人のせいだから。

本質は変えられない

私に報告をくれたスタッフは、何か仕事に繋がる方法を
考えて相談をしてくれたのだと思いますが、
私は「お断りしなさい」と伝えました。

今までの経験でもそうですが、
人のコアな部分を簡単に変えられるものではありません。
何かに対して見返りを保証という形で求めている人に
そもそも投資である株や広告なんて合わない。
それを何度説明したところでお互いがお互いの考えを
理解できる可能性は低いです。

スタッフの気持ちもわかりますが、
もっと上を見て前に進んでいるクライアントさんは
たくさんいます。

私は、その方々に全力でサポートすることが
最も重要だと思っています。

人は簡単に変えられない。

 

BIGMAC CHANNEL

2016年7月2日

ここから半年の動きについて

For the movement of half a year from here

 

三期目前半の振り返り

何事もまず3年と言いますが、何となくその意味が
わかった半年でした。
年始から昨年にはなかった動きが加速して、
単品通販で伸びているクライアントや海外でビジネス
展開しているクライアントなど私たちが想像もしていなかった
多額の広告予算を使い攻めるクライアントとの出会いが
あったり、面白いビジネスを展開しているクライアントと
一緒にビジネスを展開するキッカケを頂きました。

4月には、会社として初めての書籍も発売になって
発売してからも特に関東や九州のクライアントから
多くのご相談を頂くようになりました。

毎日スケジュールはパンパンで、打合せや新規アポイント
などあり、圧倒的に本社で仕事をする時間は減りました。
出版により多くのセミナー依頼も頂き、そのたびに新しい
ご縁にも恵まれてこの半年で多くの“縁”が広がりました。

地元、福井でのお仕事も順調に進んでいき、
福井でも知名度&実力ともあるクライアントさんと
広告やコンサルティング契約が決定していきました。

やはり、3年という数字は一つの区切りなんだと
思います。全く知名度も信用もなかった1年目、
クライアントやご相談が増えて同時にスタッフも増えた
2年目、そして飛躍の3年目ですね。

私が、不在のことも増えましたがうちのスタッフも
私や副社長に頼ることなく自分たちでするべき事を
考えて行動してくれて本当に頼もしくなりました。
ようやく目指していた形に近づいています。

この上半期で多くの出会いをくれた方々、
本当にありがとうございます。

自分たちからこの貴重なご縁を断たないように
できる努力を続けていきたいと思います。

そして、この上半期はマネージメント面でも
仕事の面でも私に大きな「気づき」を与えて
くれました。その気づきを活かせるかどうかが
下半期のポイントになると認識しています。

三期目後半へ向けての動き

上半期で気づきがあったことにより今まで継続して
きたような事業や考えを一度冷静に再考することに
しました。具体的には下記のような動きになります。

主催セミナーの方針変更

私たちが起業時から毎月続けてきた主催セミナー
【Market Support】。
私たちの起業時は、まだまだ福井でマーケティング
やインターネット広告(リスティング広告)、SEO、
ウェブ解析について真剣に取り組んでいる会社は
少なかった。私たちの存在意義を示すためにも
ずっと福井で知識向上や情報共有を兼ねて
続けてきました。

しかし、今は少しステージが変わったように
感じています。
地元のクライアントさんを大切にという想いも
大きいのですが、東京で私たちにチャンスを
くれている方々ともっと親密に関わっていきたいと
いう想いも強くなりました。
そこで、10月以降はこのセミナーを福井で開催する
ことはなくなります。
東京で開催していく方針を決めました。
どんな形で開催していくのかは今の段階で詳しく
説明することはできませんが、かなりスケールも
大きくなりますし、開催の目的も変わります。
具体的な動きが発表できるタイミングでまたここで
書きたいと思っています。

東京事務所の人員強化

東京でのクライアントさんが増えたことにより、
人員リソースの補強が必要だと考えるように
なりました。
事務所も、南青山から表参道駅近くの北青山に
移動し動きやすくしたのもそのためです。
多くのクライアントさんと、コンサルティング契約を
結ばせて頂き、集客から改善までの全ての流れを
お手伝いさせて頂いているので、その業務を全う
できる体制を一日も早く作りたいと思います。

マーケティングチームの強化

リスティング広告運用代行案件、SEO案件、
コンサルティング案件が急増したことにより、
社内のマーケティング部署人員が不足ぎみに
なっています。
その課題を解決するためにも、現在多くの
採用を行っています。
新卒採用を今年から始めたのもクライアントさん
のニーズに応えるための人員補充が目的でした。
特に売上規模の大きなお客様のお仕事をしていく
中でマーケティングスキルや経験が重要になると
考えているので、下半期はマーケティング部の
強化に全力で力をいれたいと考えています。

制作チームの拡大

マーケティング部と制作部の連携により、
一気通貫のアクションと改善ができるのが弊社の
うりになっているのですが、特にこの半年は制作
案件の受注状況が凄まじく伸びています。
今の状態で外注さんに頼っている部分もあるのですが
社内の制作人員を増やしてよりスピーディーに
クオリティーの高い制作物をご提供できる体制を
つくろうと取り組んでいます。

変化に柔軟であることを意識する

変化に柔軟

 
これから先も色んな決断が待っていると思う。
その時に正しかったと思える決断をできるように、
自分の成長も大きな課題だと感じています。

もっともっと、大きな視野で。
もっともっと、多くの価値観を理解して。
もっともっと、多くの理性にふれて。
もっともっと、経営者として成長しなくてはいけないと思う。

私の生きがいである、「仕事」「家族」「スタッフ」を幸せに
できるようにまずまだ進まなくてはいけません。
先がはっきりとわからないからこそ、準備が重要です。

ここから下半期を精一杯楽しんでいこうと思います。

 

BIGMAC CHANNEL

2016年6月27日

社会人ほど勉強しなくてはいけない

I do not have to study about society people

 

学生時代の数倍努力が必要な社会人

幼稚園や保育園から始まる教育。
小学校、中学校、高校、大学を卒業すると社会人。
社会人になるまでに相当な時間を「勉強」に費やす。
しかし、社会人になると途端に努力を辞める人が
多い気がします。

学生のうちは、勉強することでお金がもらえるわけでは
ないですが、社会人になると今までの知識や経験や
アイディアで自分と勝負していかなくてはいけなくなる。

学生の時は、志望の大学や高校に入学するために、
必死で勉強したのに社会人になるとその必死さや
大切さに気づけない人がたくさんいる。

そんな状態で人より上を目指せるのでしょうか?

企業に勤めて賃金をもらい評価してもらうには、
ただ務めていればいいのではない。
入社1カ月よりも1年目、2年目と確実に進化して
いかなければ組織から離脱していく。

学生時代に「努力の大切さ」を学んだはずが、
努力もせずに会社の愚痴や他人のことばかり
見えるようではその人の成長はないと思います。

大切なのは、習慣にすること

私も学生時代にそんなまじめに勉強した記憶はない。
勉強する意味や目的を教えてくれる人もいなかったし
自分でその「WHY」を探そうともしていなかった。
今思うと心残りも多々あります。

しかし、学生から社会人になった時にその意図に
気がついてからは、欠かさず読書を欠かさずしたり
自分が成長できる環境をつくってきました。

習慣化すること

その重要性を学校教育では伝えたいのかも
しれませんが、伝わらない人がほとんどです。
学生生活が終わったら勉強は終わりではない。
そこからが寧ろ大切なスタートです。

社会人になったら自分が属する組織での
より専門的な知識や経験を積んでいくことで
社会から必要とされる市場価値のある人間に
なっていくんだと思います。

しかし、そこには学生時代より何倍もの
努力が必要だということを忘れてはいけません。
給与はその人の市場価値だからです。

「給与があがらない」
「なんであいつの給与だけ上がるんだ?」

など不満を口にする人もいますが、
まずは現実を受け入れることが重要。
会社はどうしても欲しい人にはそれなりに
見合った待遇をします。
給与や評価が上がらないのは人のせいではなく、
自分の責任だと感じることが大切な一歩なのです。

努力は人を裏切らない

努力

努力すれば何でも夢が叶うわけではありませんが、

その人の努力がマイナスに転じることはない。
そんな簡単な原理をまずは理解しましょう。

努力をしていない人より、努力している人に
チャンスは必ずやってきます。

上司から好かれている、男性に好印象、女性にモテる
からその人にチャンスがくるわけではありません。
その陰には必ず努力があることに気がつきましょう。

人によって、何が努力で何が努力ではないか?
という基準は曖昧です。
だから自分なりのルールを決めて取り組んで
習慣化すればいいのです。

・経済新聞を毎日読む
・ニュースを細かくチェックする
・セミナーに参加する
・毎日読書をおこなう
・健康維持のため運動を続ける

などなど人により努力の形は異なる。
結局のところ、努力をしている人しか
上には上がれないという話です。

地道な努力の積み重ねからしか、
大きな成果は生み出せないのです。

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 149