後悔する人、反省する人って後々全然違ってくる

後悔する人、反省する人って後々全然違ってくる

前回から月1回は更新をしていくと言ってサボったり時間のせいにしてしまいそうな自分もいましたが大丈夫です、ブログ更新続けていきます。起業したばっかりの時は毎日1回2年間ブログを更新していて、たまにその時期の自分のブログを読み返すと実に懐かしく当時の記憶が鮮明に蘇ります。日々の思考や出来事を記録していくことって大切ですね。

 

後悔する人ってどんな人

後悔する人ってどんな人

私は基本的に後悔ばかり口にする人が嫌いです。なぜか?それはあの時こうすればよかった、こんな声をかければよかったと思っているだけで後悔ばかりしている人は改善のサイクルが全くまわっていないからです。また一見後悔を口にしているから『次は同じ失敗をしないだろう』って思ってもこういう人は必ずと言っていいほど全く同じ過ちを繰り返すのです。

後悔が多い人は、よく次は〇〇しますとか言いますがその言葉も全く信用してはいけません。理由はそこで振り返るという行為だけをして思考停止しているからです。だからずっと後悔が続くということすら気がついていけないんです。私にもそんな時期がありましたが、後悔は何にも生まないということをわかってから下記を気をつけています。

後悔しないために気をつけていること

後悔しないために気をつけていること

・迷ったらその時に感じる自分の直感を選択する

・ブレそうになったら原点に立ち返る

・いま決断するべきことの結論を後回しにしない

・自分が決めたことは何があっても貫く

 

上記が日々私が気をつけていることになります。理由は今まで上記を無視した時に良い結果になったことは一度もないからです。当時はただあの時〇〇すれば良かったって後悔ばかりしていました。それでは何の進歩もないことを知らずにいました。

反省する人ってどんな人

反省する人ってどんな人

多くの人が後悔と反省を一緒に捉えてしまっています。後悔は上記のようにただただ過去を振り返ることです。反省は簡単に言うと後悔からなぜそうなったんだ?次はどうすればいいのか?その時どうするべきだったのか?っていうところまで内省し自分に向き合うことだと思います。内省ができないと改善のサイクルは回らないし反省が今に生きてくることはありません。つまり後悔だけしていても無意味だということになります。

 

過去に犯してしまった失敗は後悔するために振り返るのではなく、反省するために振り返らなければいけません。変えられない過去を振り返り悔やみ自分を責める行為は後悔でしかないです。何も生みません。過去を振り返り分析して自分の中に学びを蓄積していくのが反省なんじゃないかなぁと思います。しかも反省していくことは必ずその人の成長に繋がると思います。

 

だから皆さんも、後悔ではなく反省を選択してほしいと思います。

人生は短いから無駄な時間はいらない

人生は短いから無駄な時間はいらない

人生って私は一回だと思っています。これは色んな意見があると思いますが僕がそう思って生きているのは、そう思ったほうが一日一日を人生一回だと思っていない人より遥かに大切にできるからです。私だって明日死ぬかもしれません、それは生きている人全員に常にある可能性です。そしていつか必ず訪れることです。その日が訪れた時にどれだけ自分がやってきたことに満足できるか?残してきたものを愛おしく思えるか?周りの方々&家族に感謝の気持ちがあるかを感じられるかだと思います。

 

そう考えると後悔している無駄な時間なんてないと思いませんか?反省して自分に学びを蓄積していかないと時間が勿体ないですよね。時間は有限です。そう考えて生きていると自分にとって無駄なことが何かきれいに見えてきます。決して損得勘定だけで生きていったほうがいいと言っているわけではありません。

 

人の悪口を言っている時間があるなら自分でコントロールが可能な自分のために時間を使ったほうがきっといいということを伝えたいだけです。短い人生、精一杯自分が納得できる日々を過ごしましょう。

LINEで送る
Pocket

  • この記事を書いた人
  • 最新記事