初心者でもわかる! オーガニック検索の仕組みとSEO対策の基本

初心者でもわかる! オーガニック検索の仕組みとSEO対策の基本

この記事では、オーガニック検索の仕組みとSEOの基礎知識から、初心者でも簡単にできるSEO対策の方法までをわかりやすく解説します。

SEO対策をすることで、Webサイトのアクセス数を増やし、ビジネスの成長につなげることができます。

ぜひ参考にしてください!

オーガニック検索・自然検索とは?

オーガニック検索・自然検索とは?

オーガニック検索(=自然検索)とは、検索エンジンで検索したときに、広告を除いた自然な検索結果のことを指します。

検索エンジンは、ユーザーが検索したキーワードを元に、関連性の高いWebサイトを検索結果に表示します。オーガニック検索で上位に表示されれば、多くのユーザーにWebサイトを訪問してもらえます。

オーガニック検索のメリットは、広告費をかけずにWebサイトを宣伝できることです。また、広告に比べてユーザーからの信頼度が高いです。そのため、多くの企業がオーガニック検索を重視しています。

一般検索

一般検索とは、特定の会社名や商品名を含まないキーワード検索のことです。

オーガニック検索では、検索エンジンがユーザーの検索意図を理解し、関連性の高いWebサイトを検索結果に表示します。

一般検索での掲載順位を上げることで、ユーザーが次回の検索で指名検索をしてくれることに繋がります。

オーガニック検索からの一般検索を増やすためには、自身が狙いたいターゲットを明確にして、それに合わせたコンテンツを作成することが重要です。

指名検索

指名検索とは、特定の会社名や商品名を含むキーワード検索のことです。指名検索では、ユーザーがすでに特定のブランドや商品に興味を持っており、その情報を探しています。そのため、指名検索からのアクセスは、コンバージョン率が高い傾向にあります。

オーガニック検索からの指名検索を増やすためには、以下の施策が効果的です。

  • テレビCMなどの広告を活用すること。
  • ソーシャルメディアでブランド名や商品名を積極的に宣伝すること。
  • レビューや口コミを積極的に集めること。

オーガニック検索について押さえておきたいこと

オーガニック検索について押さえておきたいこと

SEO対策をすることで、広告費をかけずにWebサイトへの流入を増やすことができます。そのため、多くの企業がSEO対策を重視しています。

クローラーにインデックスされなければ検索結果に表示されない!

検索エンジンは、クローラーと呼ばれるプログラムがWebサイトを巡回し、情報を収集しています。

クローラーは、収集した情報を検索エンジンの索引に登録します。索引に登録されたWebサイトは、ユーザーが検索したキーワードに関連する検索結果に表示されます。

クローラーにインデックスされなければ、検索エンジンの索引に登録されず、検索結果に表示されません!

そのため、Webサイトを検索エンジンに表示させたい場合は、クローラーにインデックスされるようにする必要があります。

クローラーにインデックスされる方法には、2種類あります。

  • クローラーが自然に巡回してきてインデックスされるパターン
  • Googleサーチコンソールでインデックス登録を申請しクローラーの巡回を促すパターン

クローラーは全世界のサイトを巡回しているため申請をしても順番待ちの状態になります。

しかし、インデックス登録申請をしないことで最悪クローラーがいつまでもサイトを巡回しに来てくれない可能性もあるので、サイトやページを更新した際は、必ずインデックス登録を申請しましょう!

オーガニック検索とリスティング広告の違い

リスティング広告とは、ユーザーがオーガニック検索した際の検索結果の中で、スポンサーと表記され上の方に表示されているものを指します。

リスティング広告は、広告費を支払うことで一般検索よりも上位に表示させることが可能なので、より多くのクリック率を見込めます。

オーガニック検索は、基本的にユーザーの検索意図に沿ったコンテンツを表示するものです。

しかし、リスティング広告は、ユーザーの検索意図に沿っていない場合でも、広告費を支払うことで検索結果として表示させることが可能です。

GoogleとYahoo!のちがい

GoogleとYahoo!は、日本を代表する検索エンジンです。どちらも、ユーザーがWebサイトを検索する際に利用されていますが、いくつかの違いがあります。

Googleは、検索エンジンのアルゴリズムにおいて、Yahoo!よりも上位に表示されやすい傾向にあります。

これは、Googleがユーザーの検索意図をより正確に理解し、関連性の高い検索結果を表示しているためです。また、GoogleはYahoo!よりも多くのユーザーを抱えており、検索結果の表示頻度も高い傾向にあります。

一方、Yahoo!はGoogleよりも、ニュースや天気予報などの情報コンテンツに強みがあります。

また、Googleと比較して日本語に精通したユーザーが多いため、日本語で検索する際には、Yahoo!の方が使いやすい傾向にあります。

オーガニック検索流入の重要性

オーガニック検索流入の重要性

オーガニック検索流入とは、ユーザーがGoogleなどの検索エンジンで検索した結果から自身のサイトに訪れるユーザー数です。

オーガニック検索流入は、Webサイトの集客において非常に重要な役割を果たします。

オーガニック検索からの流入を増やすには?

オーガニック検索流入を増やすためには、検索エンジンに最適化されたコンテンツを作成することが重要です。

検索エンジンに最適化されたコンテンツとは、ユーザーが検索したキーワードと関連性の高いコンテンツです。

検索エンジンに最適化されたコンテンツを作成することで、検索結果の上位に表示され、オーガニック検索からの流入を増やせます。

オーガニック検索とSEO対策の関係

オーガニック検索とSEO対策の関係

SEO対策とは、オーガニック検索の検索結果で自社サイトをより上位に表示させるための施策です。

SEO対策をすることで、オーガニック検索流入の増加が見込めます。

SEO対策は、クローラーに自社サイトをより有益なサイトと認識してもらうための施策です。

SEO対策を実施することで、検索結果の上位に表示され、ユーザーに自社サイトを見つけてもらいやすくなります。

ユーザーに閲覧される機会が増えることでクローラーがユーザビリティの高いページだと認識し、さらにサイトの評価が上がります。

オーガニック検索の掲載順位上位化

オーガニック検索の掲載順位を上位化するためには、以下のような施策が必要です。

  • ユーザーにとって有益なコンテンツを作成
  • コンテンツのタイトルや説明文に関連性の高いキーワードを設定する
  • サイトの内部構造を整える
  • 外部リンクを獲得する

オーガニック検索の掲載順位上位化は、時間がかかる施策ですが、継続的に続けていくことで、より高い効果を得られます。

検索上位を目指すための必須ツール!

検索上位を目指すための必須ツール

検索上位を目指すための必須ツールをご紹介します。

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスは、無料でWebサイトのアクセス解析ができるツールです。

Googleアナリティクスを利用することで、Webサイトの訪問者数、訪問ページ数、平均滞在時間などのデータを収集・分析ができます。

このデータを活用し、SEO対策を行っていくことになります。

Googleアナリティクスでは、Webサイトの訪問者の特徴を把握できます。

例えば、訪問者の年齢層や性別を分析することで、ターゲットユーザーを絞り込むことが可能です。

また、ユーザーがどんなデバイスやブラウザを使ってサイトに流入しているかがわかります。

流入経路に合わせて、WebサイトのデザインやCVへの動線の改善に繋げることができます。

Googleサーチコンソール

Googleサーチコンソールは、Webサイトの検索エンジン最適化(SEO)を改善するために役立つ無料のツールです。

Googleサーチコンソールを利用することで、Google検索でWebサイトがどのように検索されているのかをチェックできます。

これらの情報を分析することで、Webサイトの検索上位を目指すための改善点を把握できます。

例えば、検索トラフィックを確認することで、Webサイトの訪問者数や訪問ページ数のチェックができ、検索パフォーマンスを確認することで、Webサイトの検索順位を知る事が可能です。

また、検索クエリを確認することで、ユーザーが何を求めて自身のサイトに訪れたかがわかります。

それに合わせたコンテンツを作成することで、サイトへの流入の敷居を広げることができます。

以上のことから、Googleサーチコンソールは、Webサイトの検索上位を目指すための必須ツールです。

まとめ

まとめ

この記事では、オーガニック検索の仕組みとSEO対策について紹介してきました。

オーガニック検索は、ユーザーが検索エンジンで検索した結果、自社サイトが検索結果の上位に表示されることを意味し、適切なSEO対策をして、オーガニック検索の掲載順位を上げることで、より多くの人にサイトを訪問してもらうことができます。SEO対策は、ツールを活用し新規コンテンツの作成や既存コンテンツなどの更新を継続的に続けることが重要です。

マーケティングでお悩みでしたら、
Bigmacにお任せください。

バナーlefty
バナー総合
バナー総合
  • この記事を書いた人
  • 最新記事