Amazon広告とは?気になる広告の種類やメリットをご紹介

Amazon広告とは?気になる広告の種類やメリットをご紹介

Amazonは、ネットショッピングだけでなくビデオや音楽配信でもシェアを広げており、私たちの生活のほとんどに浸透しています。

ここでは、Amazon広告の利用を考えている方に向けて、Amazon広告の種類や利用するメリットをご紹介します。Amazon広告を上手に活用して、商品の売上をアップさせましょう。

Amazon広告とは?

Amazon広告とは?Amazon広告とは、世界有数のECサイト『Amazon』が運営している広告サービスです。Amazonの広告媒体資料(2020/5/10)によると、国内でのメディアパワー(社会的・文化的な影響力)は、デスクトップ、モバイル共に6位とトップクラスとなっており、ECだけでなくメディアサイトとしてもメディアパワーが高いことが分かります。

amazonPC

AmazonIP

また、ユニークビジター数は、デスクトップとモバイルを合わせると5,500万人近くにもなります。GoogleやYahooなどのメディアサイトにも引けを取らないほど、高い集客力を持っています。

この集客力を広告に活かすことで、商品の認識から購入に至るまでの、あらゆる段階にいるユーザーにリーチして、商品への関心や購入などの行動を生み出せます。

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

Amazon広告の利点について

Amazon広告の利点についてGoogleやFacebookなど、世の中には様々なWeb広告があり、各プラットホームごとに特徴が存在します。

例えば、Facebook広告なら、ユーザーの実名や誕生日などの情報が多く登録されているため、高精度のターゲティング設定ができます。Google広告なら2億人以上のユニークユーザーがおり、検索エンジンの中で最も広く使用されているため、多くのユーザーにリーチできるといったものが上げられます。

もちろんAmazon広告にも特徴があります。Amazon広告の利点を4つご紹介します。

①購買意欲の高いユーザーに配信できる

Amazonを訪れるユーザーのほとんどが、何か商品を購入しようとしており、非常に購買欲が高い状態です。「商品を買いたい」という気持ちで検索するユーザーに向けて、検索した商品と似たような種類の広告を出すことができるので、コンバージョンにつながる確率が高いです。Amazon広告はEC事業者にとって、費用を抑えながら効果を出しやすい広告になっています。

②購買データによるターゲティング

Amazonは利用者の商品閲覧データや購入履歴を利用し、高精度なターゲティングでの広告配信を可能にしています。

初めてWebサイトで商品を販売する際には、事前に顧客情報がなく広告のターゲティングに苦労することになります。しかし、Amazon広告では豊富な購買データで、どんなユーザーに配信するとよいか予測して配信してくれます。

③購入されるほど上位に表示される

Amazon広告は、購入数が増えれば増えるほどページの上位に表示される仕組みになっています。上位に表示されれば、ユーザーに商品が見てもらえる可能性も高くなるので、また新たな購入に繋がります。

それに伴いレビューや評価を集めることができれば、普段の検索結果でも上位に表示されるようになり、商品の売上や認知に大きく効果が出ます。

④購入までの負担が少ない

ユーザーが購入を検討し購入をしようと思った時、自社サイトから購入する場合、住所や電話番号などを記入するのがめんどくさく、購入を辞めてしまう事があります。

しかし、Amazon広告であれば事前に個人情報を登録してあるため、ユーザーがワンクリックで商品を購入することができ、損失の機会をなくせます。

広告サービスについて

広告サービスについて主なAmazon広告の種類4つの、特徴をご紹介します。

①スポンサープロダクト広告

スポンサープロダクト広告とは、入札するキーワードや、個々の商品・カテゴリーを指定して、検索結果や個別の商品広告を表示できる広告です。検索結果ページの上部や商品詳細ページに広告が表示されるため、商品の売上や認知を効果的に高められます。

②スポンサーブランド広告

スポンサーブランド広告は、ブランドロゴとカスタマイズできる見出しがある広告です。この広告は、検索結果に表示され、ユーザーにブランドを認知してもらいやすくなり、見出しをカスタマイズすると、適切な方法で広告を表示してくれます。

③ストア

ストアは、事前にAmazonが用意したテンプレートを使用し、商品の詳細ページやカテゴリーページを無料で作成できる機能です。また、ストアインサイトを使用すると、広告キャンペーンを最適化するなど機能が使用できます。

④スポンサーディスプレイ広告

スポンサーディスプレイ広告は、オーディエンスと一日の予算を設定し、掲載する商品を選ぶと、Amazonが自動でディスプレイ広告を作成し配信してくれる最小限の労力で効果を得られる広告です。

Amazon広告を使って売上アップ!

ECショップ運営者にとって、Amazon広告は有望なマーケティング戦略です。

本記事で紹介したAmazon広告の種類を、予算や目標に応じて使い分けることで、既存のWeb広告を大きく超える売上アップや、ブランディング効果を見込めるので積極的に利用を検討しましょう。

LINEで送る
Pocket

  • この記事を書いた人
  • 最新記事