ヤフージャパンプレミアム広告賞受賞

自社書籍

新卒採用情報

長期インターンシップ募集

採用情報

Bigmac 社長ブログ

スタッフ厳選!!おすすめ情報

twitter
@Bigmac_work
google+
rss
rss
a
follow us in feedly
hatena.bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加

Bigmac代表の熱血奮闘記

BIGMAC CHANNEL

2016年10月13日

指示ではなく、支援という考え方をもとう

 

rather-than-a-directive-based-on-the-idea-that-support

今回は部下や上司との関わり方や、
在り方について私なりの意見を書いて
いこうと思います。

職場で人間関係に悩んだりしていると
本来集中しなくてはいけない仕事に
集中できないから人間関係は円滑に
ありたいものですよね。

あなたは部下に指示ばかりしていませんか?

どこの会社にでもある上下関係。
上司は部下に成長してほしいと願っているし、
部下は上司が頼れる存在であることを願っています。
しかし、全てがうまくいくわけでなく、関係性に苦戦したり
することはまれにあります。

指示されたと感じること

下記のように部下に伝えるとそれは完全に指示
されたと感じるものです。

・これ今日中にやっておきなさい
・これがうまくできる方法を考えなさい
・これよろしく!!

上記のように伝えているものは相手からしたら
「指示」されたと認識されるものです。
自分の意見はそこには全くないため、その業務に
工夫することはないし、考えることをしません。
それはお互いにとって最善ではないですよね。

支援されたと感じること

下記のように部下に伝えるとそれは完全に支援
されたと感じるものです。

・これ今日お願い、わからないところ相談して。
・これがうまくできる方法を一緒に考えよう
・これ頼むね、サポートするから。

上記のように伝えることができれば、
相手はただその仕事を指示されたのではなく
協力のもとで成り立つことを意識できる。
自分一人でわからないまま進むことより
上司が協力してくれるという安心もあり、
思い切った仕事ができます。

指示から支援という思考は大きく違う

上記のように「指示」と「支援」という伝え方では、
相手が受け取るイメージもその後の行動も大きく
違ってくるのです。会社という組織で仕事をしていく
以上、自分一人の力でなんとかなることはこれから先
どんどん少なくなっていきます。
スタッフ全員の協力があって自分のかかえるプロジェクトや
責任が進んでいくんです。
それを理解できないと、いつまでたってもこの「指示」という
概念から抜け出すことができずまわりの協力を集める
ことが難しい状態は続きます。

まわりへの感謝があって初めて部下にも「支援」という
形の伝え方ができるのではないでしょうか?

コミニュケーションを重要視すれば組織が育つ

弊社はこの半年で急激にスタッフが増えました。
当時のように10人未満のスタッフと仕事を進行して
いくのであればコミニュケーションを頻繁にとることも
可能でしたが、現在は非常に難しいです。

出張などで社内スタッフとの会話時間も減る中で、
私はこの半年、本当に必要なコミニュケーションは何かを
考えて社内で色んな取り組みを行ってきました。

今までの弊社では考えられなかった朝礼や、
社内研修、部署別研修なども全て社内のコミニュケーションを
円滑にするためです。

互いが互いを支えあい、助け合い、補い合う。

私はそんな組織を作りたいと心から願っています。
一人の天才が世の中を変えられる時代ではありません。
これからは特にチーム力が問われる時代に確実に
変化していくと考えます。

言葉と身体を使って私たちは物事を相手に伝えることが
できます。しかし、言葉と身体を使って相手に全力で物事を
伝えることさえできない人だっています。
それができることを当たり前だと思わず、私はもっともっと
社内のコミニュケーションの質をあげていきたいと
思います。

コミニュケーション力で更に会社を飛躍させて
もっともっと今いるスタッフが幸せな会社をつくります。

 

BIGMAC CHANNEL

2016年9月16日

社内研修はバラバラの価値観を変える

in-house-training-is-changing-the-pieces-of-values

私は起業してずっと社内研修などで
営業時間中に手を止めることを拒んできました。
それは少しでも生産性や効率を意識して
仕事をしてきたという自負からです。
しかし、手を動かすことが生産性や効率を
あげるだけではないと気がつきました。
職場環境や人間関係など様々な要因が
個人の能力に影響してくるのです。

人はそれぞれ別々の価値観をもつ

当り前の話だと思うかもしれませんが、
世の中の人の数だけ価値観がある。
当然それは会社という単位でも同じだけど、
普段の業務に追われていると自分の思い通り
にならないと個人的な感情が入って様々な
価値観を理解することが難しくなる。

本来人間は感情的な生き物です。
だからこそ、相互理解はとても重要だし
相互理解がないとコミニュケーションも
うまくいかないのです。

同じ質問をしても受け取り方が違う

例えば下記のような質問をします。

「皆さん、魚の絵を自由に書いてください」

皆さんはどのような魚を思い描きますか?
ある人は鱗を鮮明に描いたり、
またある人は頭を左向きに描いたり
右向きに描いたりします。
同じ言葉からでも人は受け取り方が全く違う
のです。

私がたいしたことでないと思っていることが、
ある人にとっては大問題であったりするから
全てを自分の物差しで判断してはいけない。
生まれた環境、教育、繋がりが違うということ
は当然のように価値観も違うのです。

そのバラバラの価値観を理解して少しでも
価値観を共有したり理解するために私は
社内研修を重要視することにしました。

社内研修で何を目的にするのか明確に

社内研修をただの勉強会にしてはいけない。
むしろ私たちの会社では社内研修で勉強を
するのではない。
社内研修で各グループワークを行い複数の
議題に対してそれぞれのグループでディスカッション
を行い意見を発表したり聞いたりする相互理解の
時間にあてています。

何か専門的な知識が高まったりするわけはない
ですが知識を高めることを目的にしていません。
それより重要にしているのは「理解」です。

「自分以外の価値観を知ること」
「自分の答えだけが正しくないと知ること」
「他の人への理解を高めること」
「自分自身のことを知ること」

特に私が重要に考えているのは上記です。
上記の意識が高まることで仕事にもプラスの
影響があると信じているからです。
私たちの会社は、営業部、デザイン部、マーケティング部、
デザイン部、総務部という形で部署構成が別れて
います。それぞれの仕事の責任や業務内容はかなり
違うものです。

相手を理解する気持ちがないと僻みや妬みなど、
私が望んでいない感情が発生してきます。
そして場が乱れることが何より職場環境を悪化
させるものだと思います。

私は社内研修をしっかり目的をもって取り組んで
いけば必ずどの職場も働きやすくコミュニケーション
のとりやすい環境になると思います。

「場」を創ることを意識しましょう

職場の雰囲気を良くするのも悪くするのも
全て「場」の影響によって変わります。
良くしていくには一人一人の努力が必要だし
それをサポートする会社の姿勢が重要です。

「悪いことが起こったからルールを変える」
とか起きている問題にだけ目を向けていては
何の改善にもなりません。

それより重要なのは本質です。

・なぜ、それが起こったのか?
・なぜ、そうなってしまったのか?
・起こるまえにどうしたら防げたのか?

など出来事の発端になっている本質を
しっかり見つけることです。
ボトルネックがみつからないと、
いくらルールを変えたり人を変えた
ところで同じことが連鎖してしまいます。

「場」を健全な状態に保つこと、
これが私の仕事だと最近は痛感しています。

 

BIGMAC CHANNEL

2016年9月8日

感謝することを忘れるとどんどん価値のない人になる

become-people-without-getting-value-and-forget-that-thanks-to

私は起業してから多くの人と出会い、
人との関わりの中で自分が傲慢に
なっていたり、相手が愚痴ばかり話を
していて一つの法則に気がつきました。
今回はそのことについて書きます。

人の好意が当たり前になっていないか?

毎日同じように生活していると、人の好意を当たり前に
感じてしまって、感謝の気持ちを忘れてしまう
ことはありませんか?
また自分の思い通り動いてくれない、発言してくれない
人の愚痴ばっかり言っていませんか?

そんな人をたくさん見てきました。
気が付かないと思うけれど、簡単に人は変わらない。
そして愚痴というものは、自分の力のなさを立証する
負けを認める言葉でしかない。
生きていれば不満や不安は誰にでもあるが、
愚痴が多い、不満が多い人は全てを人のせいにして、
全く物事の本質を自分に落とし込めていない。
私には関係のない話だから本人に直接
伝えることはしないけれど悲しくなります。

上記の人はこんな傾向です。

感謝することができない人の傾向

・自分が一番偉いと思っている
・出来もしないのに意見ばかり口にする
・実力がないから全て権利や知識で理論武装する
・立場を全く考えない
・人の前でそれぞれ言うことが違う
・直ぐに人のせいにする
・何の責任もとれない
・自己中心的である
・平気で人を裏切ることができる
・人の発言に影響されやすい

ざっとこんな傾向があると思います。
本人もそうなりたくてなっているのではないのですが
一番まずいのはその状態になっている自分に
気がつかないということ。
一見、冷静にしているようにこういう人は見せますが、
全くそんなことはありません。
基本的に自分のことしか考えていません。

感謝することができる人の傾向

・常に謙虚である
・人からしてもらうより何かできることを探す
・起きること全てを自分事として捉えている
・人のことより自分に目をむけている
・人に感謝の気持ちがあるから好かれる
・陰口は言わず正面から交渉する
・責任感が強い
・成し遂げるまで自分が決めたことを投げ出さない
・誰に対しても公平である
・意志が強く自分をもっている

上記のようなイメージです。
いま自分が働いている会社で将来出世したいなら
上記のように人から思われる人間性を
磨いていくのが私は近道だと思います。

人の好意に気がつかなくなる理由

・日常に刺激がなく何となく生活している
・人の本質に目を向けていない
・対人と上辺だけの会話や付き合いをしている
・立場や慣れに傲慢になっている
・自分のことを全くわかっていない
・視野が狭い
・人のいいところではなく悪いところを探している
・群れてばかりで一人になれない
・臆病でコミュニケーションの本質を知らない

気が付かないって本当にまずいです。
発言も態度も全て自分が正しいという
自己中心的な考えで物事や発言を進めて
しまうので周りからはひかれます。
しかしその状況でも言ってくれる人はいません。
そんな状態の人は既に周りは諦めている
からです。

自分が他者に何ができるのか?考える

そもそも、誰かに何かをしてあげたという思考では、
他者に本当の意味で感謝することはできません。
そこにはまだ自分の傲慢さがあるからです。
してもらえなかったこと、不満だったことばかりを
考える前に相手・他者にしてもらったことを冷静に
考えた
ほうがいいと思います。

自分もそうですが、自分が人のためだと思って
してきたことより、してもらったことのほうが
断然多いということです。

では、人に自分が感謝されることをどれだけ
できたかを次に考えるべきです。
紙に書いてもいいですが、結果それほど
ないということに気がつくものです。

一度きりの人生、
一つでも多くのハッピーや感謝を他者に
渡せたほうがいいですよね。
そのほうが人生として楽しいと私は考えています。

他者にとって価値があるとはどういうこと?

自分が他者にとって価値があるとは?って
考えたことはありますか?
そこを真剣に考えるようになれば自分が何者で
どう在るべきで何ができるのか?が
少し見えてくると思います。

人は決して一人で生きていける動物ではありません。
必ず人に影響され、場に影響されるのです。
絶対に他者が存在する中では、他者に必要と
される人になる必要があります。

私が思う価値がある人。

他者から価値があると思う人

・人に対して思いやりがある人
・頼りがいがある人
・人の痛みがわかる人
・人を心から注意できる人
・人を許すことができる人
・自分より人に一生懸命な人
・困った人を助ける勇気がある人
・自分が知らない経験をたくさんしている人
・視野が広くアドバイスが的確な人

私は上記のようなことが完璧な人は
本当に少ないと思います。
しかし近づけるように努力すれば
不可能ではないと思います。

私も色んな経験をしてきて感じたことが
あります。

本当に強い人ってどんな人だと思いますか?

「人を許せる人」だと私は思います。

どんな人にも感情はあります。
自分の想定外の出来事や嫌な出来事があれば
誰だって感情的になって恨んだりもします。
しかし、そこには大きく感情という思考が
はたらいているだけだということです。
感情をコントロールして、自己満足にならず
「許す」ことができれば状況は大きく変わります。
許すということは簡単なことではありません。
許してもらってまた同じことを繰り返すバカも
存在するからです。

人をまとめたりしなくてはいけない人は、
絶対に「許す」という感情が必要になります。
人は自分の思い通りになんて動きません。
感情をコントロールすることが出来れば、
必ず見える世界も変わるはずです。

BIGMAC CHANNEL

2016年8月31日

知ることの重要性を理解すれば世界は変わる

the-world-will-change-if-you-understand-the-importance-of-knowing

人は小さいコミニティーから育っていく

私たちは、家族というコミニティーからはじまり、
幼稚園や保育園という新しい場に出会って、
小学校、中学校、高校、大学という
更に大きなコミニティーへと向かって
成長していきます。
ここ数カ月、会社も似たような成長をしていく
んだろうな~って考えることがあります。

家族という枠で生活をはじめた時には、
親の愛に包まれてストレスもなく本当に
幸せな「愛」を感じると思う。
しかし、家族という枠組みから外れた瞬間
から自分の価値観と違う人と出会い
受け入れることができたり、受け入れること
が出来なかったり新しい価値観が生まれたり
するんだと思う。

小学校、中学校、高校という枠組みになると
同じ趣味や目標を持つ仲間と出会い、
一緒な時間を共有して笑ったり泣いたり、
喧嘩したり様々な経験値を手にする。

大学や社会人になるともう助けてくれる人は
いなくて自分で人生を切り開いていかなくては
いけなくなる。

ほとんどの人がそうだと私は思います。

小さいコミニティーの時には想像もしなかった
経験を経て、自分なりの道を進んでいく。
はじめから計画的にこのコミニティーを操作
していくことは不可能に近い。

会社もはじめは小さなコミニティー

先に言ったように、会社も人の成長と似ていて
はじめは知っている人を頼ったり、知り合いの
知り合いを紹介してもらったりして小さな枠組み
の中でグルグル回転していくパターンが
多いと思います。

月日が経ち、経験が増え、知名度が上がりだすと
次のステージで会うべきだった方々と知り合い
そこからまたコミニティーは広がってどんどん
加速していくのだと思う。

そこで大切なのが知識経験だと私は考えます。
小学校や中学校で勉強を教えてもらうのと同じ
で社会に出てからも知識と経験がその人の
宝になると思うのです。
何となく日常を過ごしていたら知識と経験を
積んでいきたい!!と考えている人と比べて
成長スピードは著しく遅くなると思う。

知識と経験を蓄積するのは何か?

1.多くの人との出会いに積極的になること
2.偶然を偶然だと思わないこと
3.たくさんの本に出合うこと
4.尊敬できる人を探すこと
5.やったことがないことにチャレンジすること
6.行ったことがないところに行ってみること
7.多くの人の価値観に触れること
8.自分の嫌いな人ともつきあうこと
9.わからないことをそのままにしないこと
10.周りの人やモノ、環境に感謝すること

私は上記の10項目を大切にして過ごす
ことで多くの経験値を得られると思います。
いきなり高い山に登れとか、いきなり今までより
3秒はやく走れ!という話ではなく普段の
生活で自分の意識レベルで調整ができる
ものばかりだと思います。
日常にこそ「気づき」があるのです。

学生時代にたくさん勉強したから、
社会人になったらそれでいいという
ことではなく、更に自分に必要な勉強を
しなくてはいけないのです。

社会人になったとたん、勉強をしなくて
いいと思っている人もいると思いますが
それは間違っています。
社会人こそ自分が生き残っていくために
真剣に自分に向き合い勉強しなくては
いけないのです。

自分一人では成長なんてできない

勘違いしてはいけないのは、自分でどれだけ
勉強して知識を詰め込んだところで、自分の
力だけでは成長ができないということ。
成長には必ず他者からの教えや刺激が
必要なのです。

実際に私も多くの方と知り合い色んな価値観に
触れることで成長してこれたと思うし、
それがなかったら今の自分は存在しないと
思います。

多くの方に育てて頂いたからこそ、
今から起業したい!とか頑張っている人には
本当に協力したいと思うし、痛いほどその苦労が
わかる自分もいます。

何をするにも、100%成功するなんて保証は
ありません。
しかし、努力によって限りなく100%に近づけて
いくことは可能です。
その努力をするか、しないかでその人の価値は
決まっていくのではないでしょうか?

周りに感謝もせず、愚痴や不満ばかりを
口にしている人は努力したりすることから
逃げているだけに過ぎません。
誰だって100%納得できることばかりではないし、
全て自分の価値観が正しいなんてことは
ありえないです。

一度きりの人生、悔いがないようにしよう

人生は一度きりです。
自分が少しでも納得できる人生を送るのは
多くのことを吸収することです。

カナダに行ったことがない人はカナダの
素晴らしさが全くわからないでしょう。

サッカーをしたことがない人は、
サッカーの魅力が経験者よりわからない。

フォアグラを食べたことがない人は、
なぜフォアグラに人気があるのかわからない。

辛い失恋をしたことがない人には、
その人の本当の辛さがわからない。

このように知らないということ、
知っているということには大きな差がある。
多くのことを見て考え経験してこそ
人間の深みが増していくのだと私は
考えるようになりました。

まだまだ30半ばですが、出来ていない経験
や行けていない場所、出会えていない人が
たくさんいます。

まだまだ可能性はいっぱいあります。

明日も新しい出来事のため、
自分はどうあるべきで何をするべきかを
真剣に向き合って考えていこうと思います。

 

BIGMAC CHANNEL

2016年8月14日

失敗しても諦めない人は必ず成功を手にするということ

That failure who do not give up even if you are in the hands always a success

 

失敗して終わり?それとも諦めない

三期目になって多くの企業さまとお仕事のお取引
をさせて頂くことになりました。
その中には様々なフェーズのお客様がいますが、
事業がうまくいく企業さんとそうでない企業さんには
傾向があるということに気がついてきました。

・立ち上げてビジネスモデルが不安定な方
・既にある程度の売上をあげている会社
・知名度もあり有名だが売上不振の方
・半信半疑でネットを活用していきたい方

などなど様々な状態で企業様は悩みを抱えて
いるのですが、それぞれのフェーズで何をして
いきたいのか?が違ってきます。

KPIが明確であればあるほど、私たちもご提案や
施策がしやすいのですが、KPIがなく
ボヤっとしていると全てがボヤけます。
特にKPIがボヤけている企業さんは方針の
ブレも頻繁に起こるので目的としていることを
達成するまでに様々なことで横道へそれて
結果何をしたかったのかわからなくなります。

逆にKPIが明確な企業さまは、評価指標も
明確なためブレがなく目的へ向かう
スピードも速くなり施策がうまくいく
可能性もグッと高くなるのです。

リアルでもネットでも事業をはじめるのなら、
はじめに明確なKGIとKPIを決めること
が実は最も重要なのだと思います。

なぜKPIがないとブレを生じてしまうのか?

KPIがわからない状態というのは、簡単にいうと
他者に全て(責任)を任せている状態。
自分が始めるといった事業なのだから本来は全ての
責任が自分にあるのです。
そこを人任せにしている時点でその事業に軸がなく
人任せでうまくいくはずはありません。

はじめは集客数が大切だから集客をメインに
事業を進めていたのに、ある日突然、指標の変更が
起こってしまったりする。

しかも、それは大体そこらへんで聞いた薄っぺらい
情報を元に判断して強制的な方針転換という
流れになることが多い。
方針を転換すること自体は私もするので決して悪い
ことだとは思わないけど、それまでやってきたことが
全て無駄になるような方針転換は如何なものかと
思ったりします。

またブレる企業さまに多いのが根拠のない内製化。
元々違う業種を希望してその企業に入社したので
はない社員さんに無理やりウェブマーケティングや
Googleアナリティクスを学ばそうとする。
確かに世の中に書籍や勉強できる環境はあると
思いますが、本当にそれが将来的な会社のために
なるのでしょうか?
内製化するだけの大きなインパクトが期待できるなら
問題ないと思いますが内製化のメリットを感じない
企業様がそれをすすめる傾向があると思います。

ウェブマーケティング業界はたぶんどの業界よりも
情報の更新が早く、テクノロジーの進化も凄まじい
速さで進んでいます。
本来全く別業種の方が書籍を読んで勉強するという
レベルで追いつけるのでしょうか?
私はそこに大きな疑問を感じています。

失敗するのは当たり前、それからどうするのか。

新しい事業をおこしたりプロジェクトを立ち上げたり
して必ず100%成功することはありません。
よく私はイチローに例えたりしますが、あの有名で
優秀なイチローですら10回打席にたって、
3回出塁できるのです。3割ですね。

私たちが行っている事業も同じで、
毎回成功できる可能性なんてありえません。
失敗して失敗してどんどん成功に近づいて
いくものでもあるのです。

ただ、少しでも失敗を減らして成功を増やしたい
からその道のプロの力を借りたりするのです。
そのプロと関わって自分で出来そうなことがあったと
しても私はプロに任せたほうが賢明だと思います。

簡単にやっているように見えるかもしれないが
そこまでに必ず長いプロセスがある。
見よう見まねでやってみたところで本質がないから
何にもならないのです。

何度間違っても何度も工夫して挑んでいく
人はいずれ必ず成功を掴み取ります。
簡単に諦めて次、次と全く違うことをやってしまう
人ほど全てがうまくいかないものです。

もし何の事業もうまくいっていない方がこれを
読んでいるなら、自分が信じた軸をブラさず
諦めずに続けることを頑張ってほしいと思います。

大切なのは、

「諦めない」ことなのです。

 

1 2 3 4 5 6 7 8 149