SEOに強いECサイトを作るには?ポイントを解説

SEOに強いECサイトを作るには?ポイントを解説

ネットの普及により物販ビジネスとして欠かせないECサイトは、年々増加し、競合サイトが多く、SEO対策は難しくなってきています。あなたのサイトはSEO対策バッチリですか?この記事では、ECサイトにおけるSEO対策の重要なポイントをご紹介していきたいと思います。

なぜECサイトにSEOが重要なのか

なぜECサイトにSEOが重要なのか

SEOとは検索エンジン最適化のことを意味します。GoogleやYahooなどの検索エンジンでキーワード検索した際、検索結果ページで上位に表示させる取り組みのことです。検索結果の上位にあなたのサイトを表示することができれば、サイトのアクセス数もグッと上がり、売上アップに繋がるでしょう。

SEOについては下記の記事で詳しく解説してるので、ぜひチェックしてみてください。

SEO(検索エンジン最適化)とは?基礎知識を分かりやすく徹底解説!

ECサイトの市場拡大

ECサイト市場拡大

冒頭でも説明したように、ECサイトの市場規模は年々拡大し、需要が高まっています。市場規模が拡大しているということは、競合サイトも次々と増加しているということです。競合サイトが多数存在する中、ECサイトの市場で生き残るためには、適切なSEO対策が重要となってきます。

SEOの重要性

SEOの重要性

いくらあなたが素敵なショッピングサイトを開設しても、ユーザーが訪れないのであれば意味がありません。もしあなたがSEO対策を考えずにECサイトを運営しているのであれば、あなたのサイトは他の競合サイトに埋もれ、ユーザーはたどり着けないでしょう。

売上が伸びないと悩んでいるほとんどのECサイトは、アクセス数が少ない可能性があります。そこで、アクセス数を増やす上で重要となるのが、SEO対策です。適切なSEO対策を行うことで、ユーザーの訪問数が増加し、売上に繋がっていくのです。

訪問数を増やし売上を伸ばす方法としては、リスティングやSNSなどの広告を出したり、SEOコンサルティングを行う会社にSEO対策を依頼する方法もあります。集客の効果はありますが、高い費用がかかるでしょう。まずは、自分でできる範囲のSEO対策をしっかり考えていくことをおすすめします。

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

ECサイトにおけるSEO対策のポイント

ECサイトにおけるSEO対策のポイント

ECサイトにおけるSEO対策は様々ありますが、3つのポイントに絞って解説していきたいと思います。ECサイトだけでなく、どんなサイトにも言えることですが、ECサイトでは特に重要となるポイントなのでしっかりおさえていきましょう。

以下、ECサイトにおけるSEO対策の3つのポイントです。

1.内部施策

2.キーワードの選定

3.コンテンツマーケティング

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

1.内部施策

内部施策

ECサイトのみならず、全てのWEBサイトに言えることですが、内部施策を適切に行うことはSEO対策の基本中の基本です。自然検索でのサイト流入を増やしたいのであれば、必ず取り組みましょう。

具体的に例をあげると、以下のものがあります。

・titleは30文字前後

・descriptionに適切な説明を入れる

・Googleにsitemap.xmlを送信する

・内部リンク最適化(サイト内の関連性の高いページ同士を繋ぐこと)

・構造化データの使用(クローラーが認識しやすいhtmlマークアップのこと)

・画像にalt属性を設定する

ECサイトを運営していると、商品画像が膨大な数となり、画像のalt属性設定を忘れがちになってしまうかもしれません。画像のalt属性を設定することで、クローラーが画像の内容を理解し、画像検索で上位を狙うことが可能です。忘れずに設定しましょう。

2.キーワードの選定

キーワードの選定

ECサイトにおけるキーワードの選定でポイントとなるのが、「ビッグワード」ではなく「ロングテールキーワード」を選ぶことです。ビッグワードとは、検索数が多く、1単語でのキーワードのことを指します。例えば「カメラ」や「スニーカー」など、幅広いユーザーが検索することが考えられます。ビッグワードで並み居る競合サイトを押しのけて、検索結果上位に表示させるということは至難の技です。

反対にロングテールキーワードは、ビッグワードなどと一緒に複数の単語を組み合わせたキーワードのことをいいます。例えば、「カメラ 一眼 フィルム」や「スニーカー ハイカット 白」などが挙げられます。ビッグワードと比べると検索ボリュームは少なく、目的意識の高いユーザーが多いと考えられます。

ECサイトでCV率を高めるためには、ユーザーがどのようなキーワードでサイトに訪問しているのかを分析することが必要です。ユーザーが求めいているものを絞り込み、ユーザーのニーズに合った情報を提供することで、購入に繋がっていくでしょう。

3.コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティング

3つめは、ECサイトで重要となるコンテンツマーケティングです。

コンテンツマーケティングとは、商品に関する記事などのコンテンツを用意して、CV率を高める方法です。ただ商品を並べて運営しているだけでは、売上も上がらず、流入数も増えないかと思います。また、前述したロングテールキーワードで集客を計る場合も、商品詳細ページだけでは不十分かもしれません。そこで、ユーザーの獲得に有利なのが、コンテンツマーケティングです。キーワードに合った商品に関するコンテンツを作成することで、サイトへの流入増加が見込めます。

ただアクセス数を増やすだけで終わってはいけません。アクセス数は多いが購入数は少ないといった場合、コンテンツの見直しが必要です。ユーザーが購入したいと思うか、ユーザーの欲しい情報が載ってるか、綿密に見直していきましょう。コンテンツの内容としては、商品の使い方や効果、製造過程など、ユーザーが理解しやすく安心できる情報をまとめるといいでしょう。商品詳細ページの情報だけでは、購入に躊躇うユーザーが多いかと思います。商品をより身近に感じてもらうためにも、コンテンツ作成を取り入れましょう。

次に、コンテンツマーケティングの事例を紹介していきます。

コンテンツを使ったECサイトの例

コンテンツを使ったECサイトの例

ECサイトにおけるSEO対策のポイントを理解したところで、コンテンツマーケティングに関する事例を紹介していきたいと思います。いざ作成してみようと思っても、どんなものがいいのかピンとこないですよね。実際のECサイトで素敵なコンテンツをピックアップしたのでぜひ参考にしてみてください。

 

北欧、暮らしの道具店

北欧、暮らしの道具店

北欧、暮らしの道具店

北欧の雑貨を販売しているサイトです。こちらのサイトは、ただ商品を販売するだけでなく、ユーザーにライフスタイルを提案していくメディアサイトのようになっています。スタッフの商品レビューや実際に商品を取り入れたライフスタイルの紹介など、ひとつひとつのコンテンツが丁寧に作られており、とても参考になります。

タカミの青い瓶 – タカミ化粧品(TAKAMI)

タカミの青い瓶

タカミの青い瓶 – タカミ化粧品(TAKAMI)

タカミ化粧品のこちらのページは、LPのように問題提起し、悩みや商品情報を詳しく解説しています。ターゲットに合わせた構成となっており、コンバージョンに繋がっているでしょう。

トマト対談 – たかしま農園

たかしま農園

トマト対談 – たかしま農園

こちらのサイトは、とってもかわいいのでついつい読み進めたくなりますね。トマトの販売をしているのですが、特集として作り手のエピソードや、トマトのレシピを紹介しています。ユーザーの安心感に繋がるコンテンツをおくことで、よりコンバージョンを高めているのではないでしょうか。購入したいと思わせるような、他のトマトとは違う魅力を丁寧に紹介しています。

Amazon

Amazon

紹介した他のECサイトとは異なりますが、最後にAmazonについて紹介します。世界最大規模のオンラインストアであるAmazonには、自社販売のものとAmazon以外の出品者が販売するものがあり、同じ商品でも販売元が複数存在します。なので、Amazon内で検索結果上位に表示させるために、商品紹介コンテンツを作成したりしてAmazon内でのSEO対策を行なっています。Amazonにただ出品するだけでは売れないのです。

ECサイトでコンテンツを作成するには

wordpress

ECサイトでコンテンツマーケティングを始めるには、wordpressを利用すると良いでしょう。wordpressにはあらかじめテーマが用意されており、ブログのような読み物系であれば簡単に作成できます。また、wordpressにはSEO対策のためのプラグインが多数あり、プラグインを利用することでSEO対策が行いやすくなります。

プラットフォームは分ける

wordpressは、コンテンツマーケティングで集客するためのプラットフォームとしておすすめします。というのも、wordpressにはECサイト用の機能(プラグイン)が充実しておらず、仮に構築するとしても専門的な知識が必要です。なので、商品管理や決済といったEC機能はEC専門のプラットフォームを利用し、コンテンツマーケティングはwordpressと、プラットフォームを分けると良いでしょう。

SEO対策で売上アップ

ECサイトにおけるSEO対策のポイントを紹介しました。ECサイトで特に重要となってくるのがコンテンツを使用したSEO対策です。売れるECサイトの理由は良質なコンテンツが豊富と言っても過言ではありません。ECサイトの売上が伸び悩んでいるのあれば、ぜひコンテンツ制作も考えてみてください。

 

LINEで送る
Pocket

  • この記事を書いた人
  • 最新記事