Google広告に必要な料金は?種類と相場も交えてご紹介

google広告に必要な料金とは?

「Google広告に広告を出してみたいけど、料金の相場や支払いの仕組みがよく分からない」

そういった広告のお金関連の悩みをお持ちの方は、多いのではないでしょうか?この記事では料金の相場から、広告を出稿した際にどこでお金が発生するのかを詳しく解説していきます。

 

Google広告の課金の種類

google課金の種類

Googleで広告を出稿した際には、とある条件を満たすと「課金」が発生します。いわゆる料金の発生というものです。Google広告の課金には大きく分けて2つあります。

1つ目は「クリック課金型」、2つ目は「インプレッション課金型」です。このような課金型をしっかり理解して選ぶことで、さらに効果の出る広告の出稿が可能になります。

 

クリック型課金とは?

クリック型課金とは、表示された広告をユーザーがクリックした時に、課金される方式です。Cost Per Click(コスト・パー・クリック)、略してCPC課金とも呼ばれます。例を挙げると、1万回広告が表示されたとしても1度も広告がクリックされなければ、料金が発生しません。

 

計算方法

広告がクリックされた回数 × クリック単価 = 支払う金額

 

インプレッション型課金とは?

インプレッション型課金とは、広告が表示されたときに課金される方法です。1回表示で課金されるのではなく、1,000回表示されたら課金されるという仕組みになっています。Cost Per Mille(コスト・パー・ミル)、略してCPM課金と呼ばれます。1,000回表示されて500回クリックされたとしても、CPM課金ならば1度の課金で済みます。

 

計算方法

広告が表示された回数 × 表示単価 = 支払う金額

 

CPC、CPMどちらを選ぶべきか

cpccpmどちらを選ぶべきか

CPC(クリック課金)とCPM(インプレッション課金)について説明してきましたが、実際にどちらを選べばいいのか分からない、といった人もいるのではないのでしょうか?CPC,CPMにはそれぞれメリット・デメリットがあり、目的にあった課金方法を選ぶことで、最大限の費用対効果を出すことが可能になります。

 

CPCを選ぶ場合

クリック課金は、基本的にGoogle検索連動広告といったテキスト形式の広告で使用することになります。クリック課金は、クリック数が最大になるように予算内で配信されるため、何かを販売するときなどはクリック課金に設定すると効果が出やすいといえます。

 

1度クリックされた時に発生する料金は、クリック単価と呼ばれます。クリック単価は、出稿するキーワードや掲載する広告で変動します。

 

クリック単価が安いものだと30円のものから、高いと2,000円以上する場合もあります。競合他社が多いビジネス商材で広告を出稿する際は特に高くなる傾向にあるため、事前に””キーワードプランナー””というサービスを使用して、クリック単価を調べることができます。

 

CPMを選ぶ場合

インプレッション課金は、ディスプレイ広告(バナー広告)やYouTubeを主とした動画広告でよく使用されています。インプレッション課金は、表示回数が最大になるように配信されるため、特定のブランドや商品の認知やブランディングに最適な配信方法となっています。

 

1,000回表示された時に発生する料金は、インプレッション単価と呼ばれます。表示単価は、クリック単価と違い、キーワードプランナーといったツールで確認することができません。平均的には大体100~数百円かかると言われています。

 

コスト面で課金方法を選ぶ

コスト面で課金方法を選ぶ一度広告を配信したことがある人に限られますが、クリック率から自分に合った課金方法を選出することができます。クリック率が0.1%を基準として、その数値を上回るか下回るかで課金方法を選ぶことができます。

 

クリック率が0.1%よりも高い場合には、インプレッション課金を選ぶ方が広告費を抑えることができると言われています。たとえば、クリック課金の場合のクリック単価が100円だと想定した場合、クリック率が0.5%、インプレッション(表示回数)が5,000回だったとします。

 

クリック課金の場合

5,000(表示回数)× 0.5% × 100(円) = 2,500円

 

インプレッション課金の場合

5,000(表示回数)÷ 1,000(表示回数) × 100(円) = 500円

 

計算式のように、インプレッション課金のほうが圧倒的に安くなるのです。ただ、インプレッション課金は基本的にはディスプレイ広告(バナー広告)やYouTube広告でしか使うことができないということを覚えておきましょう。

 

課金方法を理解して費用対効果を高めよう

いかがでしたでしょうか?Google広告に必要な料金といってもいろいろな方式があって、一概にこれとはいえないのが事実です。

ですが、キーワードプランナーといったGoogleから提供されているデータを閲覧、管理できるサービスを利用することをおススメします。費用対効果を高めて、広告で効果を出しましょう。

LINEで送る
Pocket